低炭水化物ダイエットについて

低炭水化物ダイエットは、「炭水化物抜きダイエット」「脱炭水化物ダイエット」などとも呼ばれるため、炭水化物を摂ってはいけないと勘違いしやすいですが、炭水化物は重要なエネルギー源なので、減らすのはよいのですが、全く摂らないというのは体を傷める結果になりかねません。

履き方次第では痩せない?グラマラスパッツの効果と私の口コミ評価を暴露

炭水化物が含有するブドウ糖は、血糖値を上げる働きがあり、それに応じて膵臓からインスリンが出されます。

インスリンは、肝臓で脂肪の合成および蓄積を促すホルモンであり、血糖値を上げるブドウ糖をなるべく摂らないことでインスリンが出るのを抑制し、太らないようにするというのが低炭水化物ダイエットだとされています。

また、炭水化物を摂取しなくても、ブドウ糖が足りなくなれば、タンパク質がブドウ糖に合成される「糖新生」が発生するので、ブドウ糖が体内からなくなることはないともいわれています。

しかし、糖新生は危険な状況を避けるためのいわば緊急措置的な反応であり、長期間続く物ではありません。

また、低炭水化物の食事を摂ると、内臓脂肪をブドウ糖に合成する働きが生じるので、内臓脂肪の量が多い男性の場合は効果が出やすいですが、皮下脂肪の量が多い女性の場合は効果が出にくかったりします。