日ごろの母親の言葉がけ次第で子供が素直になる?

子供が大きくなるにつれて、口答えが多くなったり、母親の言うことを聞かなくなったり、なんだか素直じゃなくなってしまった…。

という親御さんの話をよく耳にします。

http://www.fansfirstcoalition.org/

同じ年頃の子供を見ていると、素直な子供はとっても素直ですし、反抗的な子供はとっても反抗的な態度をとっていたり、性格に違いが見られますよね。

できれば、我が子には素直に育って欲しいというのが親御さんの本心ではないでしょうか。

ふと気づいたことがあります。

素直なお子さんのお母さんの様子に注目してみました。

すると、素直なお子さんを育てるお母さんは、お子さんへの接し方がとても上手なのです。

例えば子供が嫌いな野菜を残そうとしている時、

「好き嫌いしたらだめだよ!」

と言いたいのはもっともです。

しかし、素直な子供が育てられるお母さんは、

「お野菜も食べてくれたらお母さん嬉しいなぁ!」

「お野菜も食べたら、早く大きくなれるよ!」

などと、ポジティブな言葉で子供の心に働きかけていたのです。

お勉強のシーンでも同じことが言えます。

自分から進んで勉強しない我が子に対して、多くのお母さんは

「勉強しないと良い高校に行けないよ!」

「学校の勉強についていけなくなっても知らないよ!」

などと、ついつい言いがちです。

素直に勉強をする子供のお母さんは、

「今勉強頑張ったら、あなたの夢はきっと叶うね!頑張ってね!」

「テストで良い点を取れたのは、あの時勉強頑張れたおかげだね!」

などと、ポジティブな言葉で思いを伝えます。

我が子を素直な子どもに育てるために、日ごろからポジティブな言葉を遣うことを心がけてみませんか?

きっと今よりも良い親子関係が築けるはずです。