子育ての悩み・習い事

子育てしていく上で、子供の将来の為に、どんなことを身に付させるか、親にとって習い事はとても大きな関心事です。

セノッピーの効果を大暴露!8歳の娘に食べさせた私の口コミ!

はっきりと得意なものや、興味があるものがある場合は本人の希望に沿って選択できますが、これといって得意なことも好きなこともない私の子供の場合はとても悩みました。

子供の同級生が空手をしていたのでいろいろ聞いてみたところ、習う場所や、時間、回数、月謝、親の当番等、色々考慮しなければならないことをクリアしていて見学してみると本人やる気になったので入会してみました。

空手といっても型を競う空手で、いきなり組手からではなく、しばらくは一生懸命覚えようと通っていました。

練習を週1回から、慣れてきた頃には2回に増やし、初めてのお披露目会では努力賞をもらい、小さなトロフィーを片手に満足気でした。昇格試験が近付くと家でも練習し、緊張しながら試験を受け、合格者として名前を呼ばれた時のあの嬉しそうな顔。

そうして帯の色も数回変わりました。

一つ一つ級が上がり達成感を味わえることがとても大きな自信になったと思います。

それが3年ほど経つと次第に、行きたくない、面白くない、面倒くさいと言い始め、練習の場で注意されることも多くなり、空手に関心が無くなっていきました。

なだめたり怒ったり、せっかくここまでやってきたのだから、辞めたらもったいない、と言い聞かせていましたが、冷めてしまった気持ちは変わりません。

やはり本人にやる気がないのに無理に続けても意味がないと、私自身が踏ん切りがつくまでかなり時間がかかりました。

本当に子供の為に、と親は思っていても変化していく子供の気持ち無視することは間違っているのかなと思いました。でも良い経験になったことに違いありません。