私の恋愛音痴さを誰か直して

タイトルをみた感じで「何をいっているんだ、こいつは!」と思う人もいるでしょう。シングルマザーはバツイチ向けの婚活サービスで出会いを探しましょう!

私は昔から恋愛音痴です。初めて異性と付き合い始めたのは中学生2年の夏休みから高校受験に差し掛かろうとしている時です。察しがいい方はなぜ別れたかは分かると思いますが受験間近で勉強に集中しないといけないからではありません。

それ以外の問題で私も束縛が酷かった面もそこに反省点としてあり彼が他の異性と話しているだけで後で二人で会ったときには「二人で何話してたの?」「○○ちゃんの事、好きなの?」と聞いてしまうことがありました。その当時の彼を今思い出すとよく私なんかと付き合おうと思ったなと思いました。

その事があった以来は自分も反省しないとと思い束縛をしなくなりました。2回目に付き合ったのは大学の3回生から社会人1年目の夏場までです。大学の文化祭で文化祭実行委員を勤めていた私はそこで新しく実行委員をする1回生の彼とであいました。

彼はとてもいい子で真面目だったのですがある日を境に浮気現場をみたという私の友人の目撃証言をちらほら聞くようになりました。当然のことのように私は「彼が浮気なんかしないだろう」と友人の話にも真面目に聞きもせず放っておいたのですが私はその光景とばったりあい別れることになりました。恋愛って難しいですね。

諦めないで自分を磨き続けた結果…

私は6年制大学に入学しました。現在は6年生です。

●入学したての大学1年生:高校生の時は理系クラスであったために、女子が少なく、ほとんど会話をしたこともありませんでした。気になる人も居なかったので恋愛経験がゼロでした。なので、入学した当時の私はステータスとして「彼女が居た」という事実か「彼女が居る」という事実が欲しくてたまりませんでした。ですが、きっかけがないからと言い訳して私から女子に話しかけることは出来ませんでした。ところがサークル体験で運動系のサークルに顔を出しているうちに、少しずつ話せる女子が増えてきて、大学2年生に進級する前には2,3人の女子と連絡先を交換することが出来ました。この中に好きな人が1人いましたが、その人は同じ大学の男と既に付き合っていました。当時、彼女が居たことすらなかった私はひたすらネガティブに考えていました。もうあの人とは一生付き合えないなと、、、おれなんか無理だと、、、

●ほとんど恋愛は諦めかけていた大学2年生:好きな人が彼氏と別れたという情報を好きな人本人から教えてもらい、チャンスがきた!と思いました。ですが、告白する勇気がなかった私は、何もアクションを起こせませんでした。起こそうとしたときには新しい彼氏が出来ていました。今度こそ無理だと思いました。当時の私の精神状態は最悪でした。http://idahoioof.org/

●ある本に出会った大学3年生:このときに私はある自己啓発本に出会い、自己啓発本の楽しさに吸い込まれて行きました。それから他の自己啓発本もひたすら読み漁りました。そして大学3年生の夏休みに「行動力を上げるには普段しない選択をするといい」という一文が、ある自己啓発本にあり、これを実践してみて行動力が上がらなかったら著者を訴えてやろうと思いやってみました。とにかく自分を変えたかった私はなんでもやってみようという気持ちに変わっていき、絶対にやりたくないと思っていたお客さんかレジバイトを始めました。そして毎週来るお客さんと仲良くなったりして、今までしてきたバイトの中で一番楽しいと思えるバイトでした。そして稼いだお金でおしゃれな服を買ったり、おしゃれな靴を買ったり、おしゃれなかばんをかったりしました。

●身に付けるものが変わった大学4年生:おしゃれの楽しさを知り、自己啓発本だけでなく男性雑誌なども読むようになりました。そして好きな人がまた彼氏と別れてその好きな人はもう彼氏を作らないと言っていました。なので、私は強引に付き合ってもらおうとするよりも、そんな状況の好きな人から好きになってもらえるまで自分磨きを続けようと決めました。そして、色々な学内の女子から「彼女ほんとはいるでしょー?」と言われ始めました。言われ始めてから好きな人の耳にもその噂がはいったらしく確認されました。そして私はゴールデンウィークに好きな人とデートに行くことになり、無事付き合うことになりました。それから2年以上が経ちましたが、いまだにお付き合いをさせていただいています。諦めないことと努力し続けることで願いが叶うのだなと4年間を通して学ぶことができました。私の初めての彼女はこの人ですが、この人と結婚する予定です。