産後ダイエット

産後に痩せたい人は沢山いると思いますが、どんなにサプリや運動などで痩せようとしても痩せられなかった私。

痩せたきっかけは、骨盤矯正エクササイズを始めたことでした。

http://www.soundslikelibertypodcast.com/

産後に入院していた産婦人科の先生にいただいたエクササイズをもとに、YouTubeなどにも上がっている骨盤矯正エクササイズを毎日5分くらい行い始めると少しづつ痩せていきました。

今までは、そんなに骨盤矯正エクササイズに興味はなかったのですが、腰が痛み始めたのもあり、始めました。

YouTubeなら、動画を見ながら楽しんで行うことが出来ます。

私が行っていたのは以下のものです。

1 寝転び、両足を抱えてもつ

2  呼吸をゆっくりしながら、左右に揺らす

3 寝転び、両足を伸ばす

4 両足をクロスさせ、上下の足を入れ替える

上記のような簡単なエクササイズをしていました。

これなら寝る前にもできると思います。

産後のママの体はボロボロ。

特に授乳をしている時にはホルモンバランスも崩れ、エクササイズやダイエットどころではないと思います。

なので、しっかり休む時には休んで、短い時間でのエクササイズをお勧めします。

YouTubeなどで調べたら簡単エクササイズが沢山出てくるので、ぜひ行ってみてください。

やっぱり効果があった!糖質制限(低糖質)ダイエット

体重が3桁になり、流石にダイエットしないといけないな…と考え始めていたころ、糖質制限(低糖質)ダイエットなるものを知りました。

悪評ばっかり?快糖茶は痩せるか痩せないか?私の口コミと3ヶ月間の効果を辛口評価でお届け!

 このダイエットは文字通り糖質、つまりご飯、麺類、パン類といった炭水化物やお菓子・スイーツ・果物などをできるだけ控えて、その代わりに肉類や魚介類、野菜や海藻類、きのこなどを食べるといったダイエットになります。

 自分は人と比べてそんなに食べていないのに、体重が3桁といったようにどうしてこんなにも太っているのだろうかと悩んだ時期もありましたが、このダイエットを知り、合点がいきました。

 自分の大好物は炭水化物全般だったのです。白いお米が一番好きで、ラーメンも毎週2回は食べるほど炭水化物まみれの生活を送っていました。いままでカロリーなどは多少気にしてはいましたが、糖質は全くの盲点でした。

 早速、見様見真似で糖質制限を始めてみました。昼だけは少し弁当にご飯を入れて、あと某コンビニで販売されている低糖質のパンや肉類、魚介類、野菜類、海藻類、きのこ類などを食べて生活していました。

 その結果、運動は全くといっていいほどしていないのに、半年で体重を15キロほど減らすことができました。

 体重が減った感想としては、動きやすくなった、体のだるさがとれたなどがありました。

 痩せたいと思われている方は、無理のない範囲で糖質制限ダイエットを試されてみてはいかがでしょうか?

万年ダイエッターの唯一の成功例

色々なダイエットをしては痩せては戻り、痩せては肥えてを繰り返す私ですが、今までの人生で唯一成功したダイエットが、結婚式前のダイエット!!ドレス試着の時に見えた脇の脇肉がぷよぷよしていて危機感を感じ、執念で痩せました(笑)

ラクビはドラッグストアや薬局などの市販で購入可能?私の口コミを暴露!

今まで一品食いダイエットやらなんやら本当に色々なダイエットを試してきましたが、やはり基本が一番のようで…。痩せた方法はずばり!ウォーキングと食事制限!!

と、いっても過激なものではなく、朝は一口おにぎりを大量のえのきと一緒に煮込み、カサ増しした雑炊。卵を入れてタンパク質摂取。昼は社食の蕎麦。蕎麦一択。それに一味を入れて微々たるカプサイシン効果を狙う悪あがき。退社後は毎日1時間歩いて帰りました。どんなに疲れてても歩く歩く歩く…!!歩くフォームとかは気にしません。とりあえず歩く。疲れていたらトボトボでもいいから歩きました。夕飯は米抜き。半身浴をし、軽く筋トレも。少しでも細くなるように二の腕は揉んで痩せるように念をこめましたw

この執念の結果、脇肉消失で7kg減に成功!!

あとにも先にもこんなに頑張った事はなかったです。あとは若さ?あれから10年程経ちもはや自分に甘くなり追い込む事ができないです…。

しばらくキープ出来ていたけど、妊娠と同時に総くずれしました。もうあの頃のようには頑張れない…。

結論、若いって素晴らしいって事ですね。

続ける力が必要になってくる

これさえやっておけば絶対に痩せる、という方法はないと思います。キュリーナの口コミ評価を大暴露!効果なしで痩せないのか購入して検証!

ダイエットは継続をしなければすぐに戻ってしまいますし、効果も実感することができません。

継続をする、ということは飽きてしまうようなダイエット方法では意味がない、ということです。

とにかく楽しくダイエットを行う、楽しく痩せるということが重要になってくると思います。

痩せやすい環境を作るということがダイエットを行う上でとても大切なことになってきますが、この痩せやすい環境は個人差があります。

間食をしない環境を作れば痩せられる、という人もいますし、運動をする習慣を取り入れることで痩せられる人もいます。

自分にはどんな環境が必要になってくるのか、まずは知ってみることが大切です。

運動もハードなものであれば挫折しやすくなってしまいます。

そこで楽しく運動ができる方法を見つけてみるとよいでしょう。

自分で楽しいと感じるのであれば、継続をさせることができる可能性が高くなります。

口にする食材を限定するダイエットにはデトックスの効果はあるかもしれません。

しかし栄養バランスも崩れてしまいますし、通常の食生活に戻した時にリバウンドをする可能性が高くなります。

自分に合う方法なのかどうかもしっかりと検討する必要があります。

2020年1月7日火曜日ダイエット日記

今日は朝から軽くストレッチしています。ビークレンズの悪評は嘘?

このストレッチが痩せることにつながるのであれば続けたいなと思っていますし、今日は朝から伊右衛門特茶の無料引換券をもらったので早速貰ってこようと思います。

まずは朝ごはんを食べることをしようと思います。

「今年の抱負は?」

ということをよく聞かれるようになったのですが、多くの人は今年こそ痩せるということを語るわけです。

そこでダイエット器具の購入をしまくり実際にやってみるも、続かなくて挫折するという結果になってしまうのでダイエット器具に頼るというよりも生活習慣を改善してそれを続けるということが一番ダイエットにつながるという結果になるのではないかなと思うのです。

ダイエット器具を買う前に「本当に続けられるのか?」という疑問を持って考える必要がありますし、必要であれば買ってもいいのですが必要なければないでなんとかなるものだと割り切るという考え方もあるものです。

できるだけお金を使わずにダイエットを続けるのがダイエット上手だったりもするのです。

ダイエット上手はできるだけ負担を抑えて、効果的にダイエットを続けるということをしているので体型をキープをし続けていますし健康的な生活を続けることができるのです。

継続中の産後ダイエット

出産によって体重が10キロ増加しました。http://www.belone.net/

授乳育児は自然と痩せると聞いていましたが、3ヶ月経っても体重は全く落ちず……。

産後実家で世話になっていましたが、アパートに戻ることになり、そこで人生初のダイエットを決意しました。

見直したのは食生活です。妊娠中は舌が気持ち悪く、出産しておいしくご飯が食べられるようになったことが嬉しかったことと、頻回授乳でお腹が空いて、いくらでもご飯が食べられる状態になっていました。

しかしいくら授乳でカロリー消費しても、同等のカロリーを摂取していては体重は減らないとのこと。

私が決めたルールは

1、朝は納豆ごはんと味噌汁できっちり

2、昼は朝の残りの味噌汁とおにぎり2つ

3、間食は個包装のチョコレート5つまで

でした。

もともと家事をしていれば体重が落ちるタイプだったので、特別に運動することは考えていませんでした。

食べたい気持ちになると「これを我慢すれは痩せる」「お腹が空いているのではなく口が寂しいだけだ」と自分に言い聞かせたり、気を紛らわすために赤ちゃんを抱っこして散歩に出たりしました。

しかしどうしても夕方にお腹が空いてたまらなくなり、つい菓子パンを食べてしまうのです。

そこでもう一つルールを追加しました。

4、昼のおにぎりを1つ減らし、夕方におにぎりを食べる

現在は体重も産前を下回り、友達にも「出産前と変わらない」と言われています。

菓子パンに比べてカロリーが少なく、腹持ちがいい米がダイエットの鍵になると思っています。

ゆるくが基本ダイエット

もともと太りやすく、

食べるのも好きだったので

ぽっちゃりとゆうよりは見た目からして太い!でした。http://claspinternational.org/

アパレル業界に入社してから

回りを見てダイエットのスイッチが押され

そこから自己流でダイエット。

運動一切なし、御飯のみの食事制限

決めたルールは晩御飯の時間を

この時間以降食べない。

飲み物もお茶、水、ゼロカロリー飲料のみ。

お腹がすいたらゼロカロリー炭酸飲料をのむ。

はじめはキツイですが慣れてきはじめたので

一食ずつ減らしました。

最終形態は1食のみガッツリたべる

好きなものを好きなぶんだけでした。

これで私は10キロ落としました。

これまでのダイエットは上記のような

無謀なダイエットでした。

ですがまた結婚して

お腹に子供が入ったこともあり

食べ悪阻だったので常に爆食

1人目妊娠の時に+24キロ

1年後元の体重に戻り

二人目妊娠の時に+16キロ

1年後元の体重に戻り

と太りまくりました。

こんなに増えたのにどうやっておとしたの?

と思うかもしれませんが

母乳のためたべてもたべても

お腹が空くので食べてました。

でも私の場合食べすぎると

母乳が作られすぎてしまうので

お乳ギンギンに固くていたくなるので

やはり食事制限しました。

お菓子はやめて、ゼロカロリー炭酸飲料、水

お茶、食べ物を炒めるのと揚げるのは禁止し

茹でるか、蒸す、レンチン

といった感じです。

なれてくればそれがおいしく感じられ

薄口でも食事が楽しめるようになりました。

今は上の子が四歳

下の子が二歳ですが

体重は戻ってます

体型維持のため食事をダイエット用にと思ってますが

やりたくてもそんなのに時間が

かけられないので

子供たちが残したぶんだけ

を3食食べてます。

外食や外に出たときなどは

解禁ってことで好きなだけです

オンオフの切り替えが大事だと思います。

おかしや甘いものは

毎日食べるわけではないので

今日だけは解禁日と作った方が

自分へのごほうびになるので

私はこのやりかたで痩せれました。

すぐ痩せたいではなく

長いスパンで考えて

体重計は毎朝乗るように心がけてます

これは毎日行ってます

2019年12月14日土曜日ダイエット日記

先月怪我をして以来ダイエットを一時的に休止していたのですが、そろそろダイエットしようかなと思い年末ということもあってダイエットを再開しようと思います。

最初は何をやるかと思えばできることから始めるというところで、簡単に体を動かすところからスタートになるかなと思います。

もちろんの食事面も大事で最近は菊芋を食べ始めております。パエンナスリムNEOの口コミを暴露!効果なしで痩せないって本当?

この菊芋はダイエットの効果が期待されている食品で、注目されはじめています。

もちろん他の食品も食べることも重要で、バランスよく食べることをして 必要です。

そして、この時期はストレスもなにかと溜めがちでそのストレスの勢いで暴飲暴食に走りがちになるのはいうまでもありません。

そのストレスのはけ口を食べる以外で発散することも必要です。

今 ストレスに苛まれてはけ口を失ったことで暴飲暴食になりがちになっている部分もあるので、そこを上手く乗り越える必要が有ります。

そのためには食べること以外での好きなことを見つけることが必要になってくるのかなと思います。

痩せている人は好きなことで人生を楽しんでいるし、肥っている人は食べることでストレス発散している部分もあるので罪悪感が残ってしまうこともあるし、まずは楽しめることを見つけるところから始めようかなと思います。