私が今着たい着物があるためにダイエットに取り組んでいます。

私は今とても太っています。しかしダイエットをして、着物が好きなので今ものすごく着たい着物があって、それを綺麗に着こなせるためにもと思って一生懸命大ええとに挑戦しているところです。私が今取り組んでいるダイエットは、朝ヨーグルトだけというダイエットです。パエンナスリムNEO(ネオ)

朝昔は私はたくさん食べてしまっていたのですが、やっぱりそれではいけないと思って最近になってよーぐるどだけ食べるという事を始めました。そして最近は特にアロエヨーグルトにはまっています。アロエヨーグルトはとても美味しいのでそればかり食べてしまいます。

特に安いものを買ってきてはそれを食べているという感じで行っています。そしてお昼なのですがお昼はあまり食欲がないためにしっかりと休んで夕飯の下ごしらえをします。下ごしらえをするときに少しだけ食べてしまうのでお昼は食べなくても大丈夫なのですがやっぱり大変な時は大変です。

最近は少ししか食べなくなりましたがダイエットを始めてから少し経ったときは結構反動で食べてしまっていました。今は落ち着いています。これからも続けて行って、素敵な着物を子供の卒園式までに着こなせるように頑張りたいと思います。写真写りが良くなりますように。

筋トレ・有酸素を交互に最短で健康に痩せる

痩せるためには有酸素運動がベストと思っている方が世の中には多いですが、有酸素運動だけを行うのは逆効果です。

有酸素運動だけをやると筋肉も併せて落ちるので、基礎代謝が下がり結果的に痩せてもより痩せにくい身体になってリバウンドしやすくなってしまいます。それだと本末転倒なので、有酸素運動と筋トレを交互に実施するのがベストと個人的には考えています。やっぱり効果なし?キュリーナの悪い口コミが本当か購入して検証してみた

有酸素運動と筋トレを交互に毎日行うことで2か月間で10キロ減量を達成しました。糖質制限は行なわずに10キロ減です。糖質制限をしないのは有酸素運動にしろ、筋トレにしろ身体に動かすのに糖質が必要で糖質が枯渇した状態で有酸素運動や筋トレをしてしまうと筋肉がより減少するからです。

なので糖質制限を行う代わりにしっかりと運動でカロリーを消費するようにしています。脂肪燃焼の運動としてはジムのトレッドミルで角度をつけてひたすら歩いています。毎回90分歩くようにしています。65キロの方で時速4キロ且つ角度を10度つけて歩くと10分あたり75キロカロリーの消費で90分歩くと675キロカロリー消費できます。

1グラムの脂肪を落とすのに7.2キロカロリー必要なので、90分の坂道ウォーキングで約94グラム脂肪を燃焼させることができます。実際の体重の落ちは上記試算よりも体内の水分量が減るためか多く減ります。90分のウォーキング自体も筋肉を減らしている可能性も大いにありますが、カロリー消費量を重視しているので毎回90分実施しています。

スケジュールは有酸素・筋トレ(上半身)・有酸素・筋トレ(下半身)・有酸素・筋トレ(上半身)といった形で毎日メニューを変えて実施しています。筋肉の超回復を考えると同じ部位を1日置きに鍛えてしまうと休みが足らず逆効果になる可能性もありますが、上記だと上半身・下半身3日ずつ休みがはいるので超回復を活かしながらトレーニングが可能です。今は減量が主目的なので何せ有酸素は休まずで実施しています。

春の肩こりの原因と対策

貴方は、春の陽射しは好きですか。

しかし、過ごしやすい印象の春もその前の季節は寒さが厳しい冬です。この点を考えると季節の変化に体が馴染めず、悩まれているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。例えば、この時期には症状の一つとして肩こりが起こりやすくなっています。ギュギュギュの効果と私の口コミ

肩こりが起こる原因としては、長時間のデスクワークによる筋肉の緊張もありますが、その他には冬の抜けきっていない寒さによる血流の悪化も含まれています。普段は平気だけれど、この時期に限って肩こりになるという方は季節が関係しているかも知れません。

肩こりを解消する為には、悪化してしまった血流を改善して元に戻す必要があります。

その方法としては肩を揉み解すようにマッサージしたり、入浴の際にしっかりと湯船に浸かって肩を温めたりするのが簡単かつ有効な方法です。

お湯を張る為の手間を考えるとシャワーの方が楽ではありますが、今回は体を温めるという目的があるので出来ることなら湯船にしっかりと浸かったほうが筋肉のコリは改善します。

肩が重いとそれにつられて目線まで下がってしまいそうですが、マッサージや入浴などによって血流が改善されれば、肩も軽くなって目線が下がることもなくなります。そうなれば思う存分、春の景色を満喫することが出来ますよ。

太らないコンビニフードを紹介します。

コンビニには、美味しそうなスイーツやお弁当など色々な商品が並んでいて、まるで小さなデパートのようですね。

ついつい買いすぎて食べ過ぎてしまったことはありませんか。パエンナスリムNEO(ネオ)

ダイエット中は何を選べばいいのか、賢く選ぶ為のパターンがあるとの事なので、ご紹介致します。

ダイエット中に控えたい注意フードが以下のようなランキングになっております。

1位:菓子パン・サンドイッチ

見えない所に多くの油脂・砂糖が使われていて、中には1個で700カロリー超えと言う驚きの菓子パンも存在するので要注意です。

2位:スイーツ

焼き菓子にはバター・マーガリンなどの油脂がたっぷりで、シュークリームなどの冷たいデザート類にも、油脂が多く高カロリーが多い。

3位:お弁当

ハンバーグや焼肉などは、脂身の多い肉の部位が多く、小さいサイズもカロリーが多めなのでダイエット中には頻繁に食べないようにすること。

4位:チルドコーヒー

無糖の物は心配ないが、甘い物はおにぎり1個に匹敵する位のカロリーがあるので、カロリー表を参考にして、甘い物は毎日続けて飲まないようにする。

5位:カップ麺

ボリューム感のわりにカロリーか高い商品が多いので、注意が必要。

カロリーの低いノンフライ麺を選んだり、代わりに春雨スープなどがおすすめ。

カップ麺の汁はもったいないと思わずに残しましょう。

また、おすすめのコンビニフードは、おにぎり・ヨーグルト・野菜ジュース

だそうです。

体重が減らないのは、お昼の菓子パンかもしれません。菓子パンではなく、おにぎりに変えてみようと思いました。

今まで何も気にせず食べていた、コンビニフードですが、今後は上記を参考に

栄養バランスも考え、商品を選びたいと思っております。

すぐに結果が欲しいならファスティングがおすすめ

ダイエットは日々の食事管理と運動が大切ですが、1週間後に海に行く、5日後のデートまでに顔をスッキリさせたいなど短期的に結果を出したいときもあると思います。

そんな時に私がよくやるのは1日ファスティング(=断食)ダイエットです。

実際に断食をするのは1日だけですが、前日を準備日、翌日を回復日として設定しますので、かかる期間は3日間です。

お仕事をしている方はお休み前の金曜日を準備日、土曜日に断食実施、日曜日を回復日を設定するのがおすすめです。

準備日はできるだけ軽い食事を取り、特に夜は野菜スープなど消化しやすいものを食べます。

断食実施日は食事は一切とらず水だけ飲みます。もし、可能であれば酵素ドリンクが効果的ですが、なければ水でOKです。

ただし、ジュースはもちろん、ブラックコーヒーやお茶はNGです。

そして、断食後の回復日1食目には固形物は避け、お粥や野菜ジュースなどを取ります。

ここで「梅流し」と呼ばれる、大根と梅干し、そして大量の煮汁を飲むという方法を試すと、宿便が出て、よりデトックス効果がUPします。

断食日は本当にお腹が減りますので、家で読書やDVDを観たりしてゆっくりするのがいいと思います。

断食により胃や腸をリセットさせることで、ダイエットだけでなくむくみや肌荒れにも有効です。http://www.nicolavincent-abnett.com/

私は出産前の体形に戻すべくダイエットを始めました。

私は最近産後のダイエットを始めました。その理由は出産前よりもかなり骨盤が広がり、太ってしまったからです。私はいつも子供の世話でいっぱいいっぱいなのですが最近子供が離乳が進み始めてきたので、ダイエットをし始めようと思っています。

私が行っているダイエットなのですが、あるお茶を飲んでいるんです。そのお茶の名前がととまえ茶という名前のお茶なのですが、このお茶の名前を知ったのは私がネットサーフィンをしていた時に出会ったんですよね。そしてそのととまえ茶というお茶は、十月十日前の体に戻すということを目標に作られている妊婦さんでも安心して飲めるお茶だったのです。

私はその茶を飲み始めてから体調が良くなったなという気持ちがし始めているので、このまま続けていこうと考えています。ととまえ茶って面白いネーミングですが、私はこのお茶に出会えてよかったなって思っています。ダイエットの具体的な数位はまだ公表できるくらいは痩せていませんが、体調がすこぶるよいのでこのまま続けて行ったらよい方向に進むんじゃないかなって思っています。

なのでもし産後にダイエットをする人がいるのであれば是非試してみてもらいたいなと思っています。http://www.vanessabuirskiinteriors.com/category/chibaken/

「食事制限」から「食事管理」へ!美味しく食べるダイエット♪

「ダイエット」と聞くと、日本人誰しもが想像するのは

体重を減らすための「つらくも厳しい食事制限」!

日々さまざまなダイエット法が生まれていますが、

なるべく早く、そして楽に体重を落としたいという考えだけは、いつになっても変わらないままのような気がします。

そもそも「Diet」という単語の意味は、「健康的な食事をすること。食事方法を見直すこと。」という意味でアメリカから生まれたものです。

肥満大国のアメリカでは日々の食事から命に関わる病気にかかってしまう人も少なくない為、ダイエットという言葉は、健康療法の一環として使われています。

そして、日本人の殆どが使っている「減量」という意味では、ダイエットとは別に「Weight down」という単語があるのです。

ダイエットという言葉自体が、いつしか日本では「体重を落とし、理想のプロポーションになるために行う行為」として意味を変えていってしまったのですね。

ギュギュギュは効果なし?話題の骨盤ガードルを履いた私の口コミ評価!

そして、そんなダイエットの中で最も多くの人が挑戦ひ、恐らく最も多くの脱落者を出している食事制限…これは、痩せたい!という気持ちだけで行うには到底難しい所業です。

ただ、食生活を見直さないと、決して体型を変えること、体重を減らすことができないのも事実です。

食事は生きていく限り永遠に続く生存行為だからこそ、我慢ばかりの「食事制限」ではなく、正しい知識と方法で「食事管理」していくことが大切だと言えます。

この1週間食べたもの、すぐに浮かびますか?

昨日摂取した自分のカロリー、わかりますか?

そもそも自分は、毎日どれだけの食事量が必要で、目標の体重や体型になるには、どのような食生活に変えていくべきなのでしょうか?

ダイエットの方法は、一人ひとり違います。

誰しもに一発で効くような特効薬などないのです。

食事管理の癖ができると、食べてはいけないものなどないうことがわかってきます。

「夜は友達と外食だから、朝と昼は抑えめにしよう」だとか、「さっきお菓子を食べたから、夜は野菜を多めに取ろう」など、食べ過ぎることも我慢し過ぎることもなく、自分の身体にとって適正な食事を取ることが出来てきます。

ダイエットを始めるために、まずは自分の食事管理!

フィットネスクラブの決して安くない月謝の用意や、飲むだけで痩せると言われる決して美味しくないスムージーを手に入れるくらいなら

まず紙とペンだけ用意して、あなたの適正な食事方法を改めて見直してみるのはいかがですか?