美白の祖母が使っていた手作り化粧水

冬はみかんが美味しい季節です。

この季節になり、みかんを食べていると思い出すことが有ります。

ビューティークレンジングバーム

古い話になりますが、まだ祖母が健在の頃の話で、冬になると親戚からみかんが箱で送られてきます。

私たち子供は大喜びで箱を開け、幾つものみかんを取り出して食べました。

祖母も幾つかのみかんを手に持ち、台所へ行きます。

大きな鍋に水を入れ、コンロに乗せ火をつけます。

そこへ、二つに切ったみかんを幾つも入れて沸かしていました。

グツグツ時間を掛けていると、みかんは柔らかくなりボロボロと実を崩していくほどです。

その後は、丁寧に細かくなった実を取り出して、いくつものビンに分けて煮汁を入れます。

ここまでで判断すると、料理に使う調味料にと思われる方も多いと思います。

実は、祖母は化粧水とでも言いましょうか、朝・晩、洗顔の後にガーゼに染込ませ顔や手足を拭くようにしていたのです。

私も子供心で臭いを嗅いだことがあるのですが、みかんの臭いだけです。

祖母に理由を聞くと、「お肌がスベスベして、白い肌になるのだよ」、または、「吹き出物にも効く薬にもなる」と言っていました。

昔の人なので、現在のような化粧品が無い時代に過した女性です。

みかんがビタミンCやA、あるいはその他の栄養素があるということを自然に理解していたのでしょう。

確かに、みかんの優れた栄養素が美容に適しているということは知られています。

祖母のやっていたことが、本当に効果が有ったのかはわかりません。

しかし、今思えば祖母は、白く綺麗な肌をしていたように思います。

男でも美容の時代 ニキビ撃退編

皆様は、「美容」と聞きどのようなイメージを浮かべますか?

ネオちゅらびはだの悪い口コミや悪評を徹底調査!真の効果を辛口レポート!

美容は女性の特有のもので、美しい身体・顔・足・手に入れるため・・・

皮膚科に行く。あるいは高いエステサロンに通ったり、食事に気を遣い。毎晩のお風呂上がりのパックは欠かせないなど。

昔から美容に敏感で、最近になりきれいな女性が多くなったなと思います。

しかし、最近では男子の中でも「美容男子」が急増しております。

理由はそれぞれあると思いますが、おそらく大半が「女性にモテたいから」ではないでしょうか。

現に私もそうです。

私が美を追究するようになったのは、20歳の時。ある日、ネットで見つけた女性が求める理想の男性像。

第一位に「清潔感」とありました。清潔感にも色々意味がありますが、特に気になったのが、顔がニキビなどで荒れている人には魅力を感じない。という文です。

私は高校生からニキビや赤みに悩まされていますが、皮膚科に通うのが面倒くさく、疎かにしていました。

その影響もあってか。彼女を作った経験なし。

ネットの記事を読んでから思いました。

「それはそうだわ。女性がニキビで肌が荒れていたら、僕も魅力を感じない」

「じゃあ、モテ肌を手に入れたい。彼女を作りたい。」

そこからニキビ撃退のため。そしてモテ肌を作るために、頑張ることを決意。

 まずは、近所の皮膚科に通いました。飲み薬と、塗り薬を手に入れ、毎日続けること。

皮膚科に飽き足らず、都内の美容サロンにも通い始めました。月に一回の施術ではありましたが、徐々に良くなっているのが実感。

食事も脂が多いものを控え、可能な限り野菜を多くとることを意識するようになりました。

金銭面でかなり苦労しましたが、モテ肌を作りたいという想いを一新に頑張りました。

 その結果が3年後の23歳の時に身を結びました。

僕にも彼女ができたのです。非常に嬉しかったですよね。

年齢=彼女ができたことない歴でしたので。

 あの時の様子を振り返り、顔がきれいになったこともそうですが、

それよりも小さな成功を積み重ねたことによっての自信に繋がったかなと思います。

 現在もニキビや赤みもありますが以前よりは少なくなっており、新しいニキビができづらくなっているかなと思います。

キレイになると嬉しいですよね。昨日よりもキレイな顔のため。

そう思いながら日々、奮闘中です。

長年の悩み!ニキビ肌…

私は中学のころから、おでこ周りと鼻によくできるニキビにずっと悩まされています…http://minohealth.com/

昔は、大人になればだんだん良くなるだろうと思って放置していたのですが、まったくもって良くなりません。むしろ悪化したかも!

高校生ごろになり化粧を覚えはじめ、「ニキビなんてコンシーラーで隠しちゃえばいいじゃん!」と思ったのもつかの間、ぷっくり出ているニキビは、立体的なせいで隠せない!そしておでこを見られたくないために、前髪を伸ばしていたから余計にニキビが悪化していく一方でした。

最近は化粧しない肌を休める日を作ってあげたり、ネットでも話題になっている、洗顔剤パスタにベビーパウダーを混ぜて洗顔をしたり、なるべく前髪を上げて通気性を良くしたりしています!

中でも一番大事だなと思ったのが、自分の肌の状態を知ることと、ニキビをむやみに触ったり化粧品を塗りたくったりしないこと!

美容部員さんに化粧をしてもらう機会があったのですが、その時に肌の水分量と皮脂量を機械で図ってもらったところ、今まで自分で脂性肌と思っていたのが、まったくの逆で、乾燥肌でした!ニキビができるのが嫌で、あまり乳液を使わないのが裏目に出ちゃっていました…

そして、更に言われたのが「ニキビは毛穴が詰まってできるものだからそこに化粧をしちゃうと余計に詰まって悪化する」という目から鱗の情報でした!

隠したい気持ちもありますが、なるべく触らず、薬を塗って早く治すようにしています!

ニキビトラブルについて

私は中学生のころから「ニキビ」にとても悩んでいました。中学2年生のころそれは急に起きました。それまではニキビができたことがなかったのに初めてできましたとても憂鬱な気分になりました。

それから一気におでこ全体にニキビができ始めました。そしたらクラスメートなどに「ニキビやばくね」とか「きもちわるい」などを言われるようになってしまいとてもそれがこんっプレックスになってしまい学校に行きたくなくなってしまいました。http://oraga-hsc.com/

それから半年ぐらい不登校になってしまいましいた。それから年がたつにつれニキビがどんどん減っていきました。今ではニキビ跡もなくとてもいい毎日を過ごしています。今思うと中学の時からしかっり洗顔や化粧水での肌の保湿などをしっかり毎日しておけばよかったなっと今になって後悔しています。なので皆さんには、このような思いをしてほしくないので洗顔の大切さを知ってほしいと思います。

そして洗顔した後は、肌がかぴかぴになるので化粧水や乳液などをつけてほしいです。私みたいな経験をしてほしくないのでここで皆さんにうったえかけます。そしてこれから私はシミや肌のたるみなどに気を付けて予防していきたいと思っていますこの記事を読んでくださりありがとうございました

30代になって一気にシミが増えました。

30代になり、一気にシミが増えた気がします。

きっかけは息子の一言。http://microenergy2017.org/

「ママお顔にいっぱい茶色いのがあるよ~」

4歳なので全く悪気はありませんが、とってもショックでした。

息子の肌を見るたびに「うらやましいな~」とおもっていました。

私は、いままで看護師をしており、夜勤もあったので不規則な生活を繰り返していました。

独身時代は、暴飲暴食をして、夜勤あけの夜中の1時からオールをして友人たちと楽しんできました。

日焼け止めなどもあんまり塗らなかったと思うし、いつも化粧も適当にしていました。

今思えば、その付けが30代にはいりまわってきたのかな…と思ってしまいます。

ですが、そんなことをいっても始まりません。

私は基礎化粧品をきちんと買いなおすことにしました。

特にシミが一番気になっていたので、シミに効果のある美容液を使用するようにしました。

最初は、全然変化が見られないような気がしていましたが、2か月、3か月と使用するうちに、化粧ののりもよくなってきて、息子もあんまり私をからかったりしなくなりました。

主人からは、最近化粧のりがいいんじゃない?と言われ、少しうれしくなっています。

これからも、基礎化粧品だけはきちんと使い続けたいと思います。

アトピー持ちの私が肌をきれいにした方法

私は小さいときからアトピー性皮膚炎を患っていました。そのため、20年以上ステロイドと付き合っています。大学生から社会人3年目くらいまでは落ち着いていて、きれいな肌の状態で過ごしていました。

ネーヴェクレマ

しかし、今の職場に転職してからストレスでアトピーが復活してしまい、全身アトピーになってしまいました。子どもの頃はどんなにひどくても腕と首と膝裏だけだったので、かなりショックでした。そして、今思うとなぜそんな決断をしたのか分かりませんが、脱ステロイドをやってみようと思ったのです。また、保湿剤も塗らず、本当に自然治癒力を引き出して行うものなので段々悪化していきました。顔も腫れて人前に出たくない状態になり、精神的にも暗くなっていきました。

やっぱり辛い、もう無理だと思い、結局2ヶ月ほどで皮膚科にお世話になりました。そのときは速効性を重視して飲むステロイドを処方され、ちょっと強めのステロイドをワセリンで混ぜたものと抗ヒスタミン剤を出してもらい、3日ほどで見違えるくらいきれいになりました。周りの人からも「きれいになったね」と言われるくらいになりました。その後も掻きすぎてイボのようになってしまった部分を漢方で治したり、部分によってステロイドを使い分けるようになって少しずつ前のような皮膚に戻ってきました。

体の洗い方も変えました。今までは垢擦りタオルでごしごしと洗っていたのを、泡をたてる柔らかいスポンジに変えて優しく洗うようにしました。入浴剤も保湿成分の入っているものにしてとにかく保湿を心がけるようにしました。冬はどうしても乾燥してしまいますが、このやり方である程度きれいに保てるようになりました。

アトピーなどの肌荒れをきれいに戻すのには時間がかかってしまいますが、根気よく続けていけばしっかり直すことができます。アトピーなどでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

始まりは~ある日突然

そう、始まりは予告もなくやってくる。”その日”はある日突然やってくるのです。毎日お化粧をしているとはいえ、じっくりと自分の顔を見なくなっている事にも気づかない毎日、その日は突然訪れました。

ヴィオテラスCセラムの口コミ・評判

”シミに気づいた日”いつものように鏡をのぞきこんでファンデーションを塗りこんでいた時「なんか疲れてる?ん?・・・え?私の顔ってこんなにおばさんだったけ?!何これ!」気付くと濃いめのシミが目元や眉のあたりにちらほらあるではないですか。35歳現在”シミ”がお肌のお悩みダントツNO.1です。

シミ・シワなんて存在を意識することもなかったあの頃・・・肌キレイだね!つるつるしていてゆで卵みたい!と言われていた20代。

その当時は「そうかな・・・毛穴は気になるし何より汗かきだからファンデーション塗っても意味がない気がするんだよな・・・」などと思っていました。年齢を重ね、アラフォーの現在。「ああ、確かに。当時はゆで卵だっだんだな、私のお肌。」と実感する毎日です。

ファンデーションではかくしきれない”シミ”ほうれい線やシワもありますが、1つ気になりだすと顔中全部把握するようになり、毎日悪化しているように感じる”シミ”高額な基礎化粧品や、最近では比較的低価格でもできる美容整形外科でのシミのレーザー治療が気になるお年頃です。

お肌の乾燥が!どうしよう…

こんにちは。

最近、お肌の乾燥がものすごいんです(´;ω;`)

昔はオイリー肌だったのですが、年齢を重ねるごとに乾燥気味に…。

そんな私は現在オーストラリアにいて、これから冬がやってこようとしています。

ビューティークレンジングバーム

冬…

最も乾燥する季節ですね。

毎日顔を洗って拭き終わった瞬間から、戦いははじまります。

今までは、

化粧水→乳液→オイル

で十分だったのですが、今はこれだけだと10分後には

「乾いてきた…!」

と感じるようになってしまいました。

市販のパックをしてもあまり効果がなかったので(安物だったからかなあ)

どうしたものかと思い、いろいろとサーチしてみた結果、

『DIYフェイスマスク』

なるものに出会い、早速やってみることに!

たくさんレシピがある中で一番簡単にできそうだったものを選んでみました。

☆DIYフェイスレシピ☆

①コーヒー+ココナッツオイル

(コーヒーはコーヒーを入れた後の残りかすでOK)

→なかなか人気のミクスチャーのようで、いろいろなところでオススメされていました。

 流した洗い後もココナッツオイルの感じががっつり残るので、オイリー感が苦手な方には

 あまり向いていないかも。私は結構好きなほうです◎

②コーヒー+はちみつ

→今日試したのですが、良いです!この中で一番好きです(*’▽’)

 オイルではないのでべたべたしないし、洗いあがりお肌がもっちりします。

③緑茶+はちみつ

→まあまあでした。可もなく不可もなく…。

以上、簡単なレシピですが、週に数回マスクをし始めてからお肌の乾燥が改善されてきているように感じています。

まだまだ試行錯誤中ですが、これでお肌の調子がよくなると良いなあ…!