薄毛の人は仲間を作りたがるため要注意

私が就職した会社には薄毛や禿げの人が多く、上司らからは「君も将来、禿げるよ」と言われていたのですが、私は毎朝寝癖を直すのが厄介なほどの剛毛のため、髪は無くなるほうが助かるとかつては思っていました。

仕事中は帽子を被ることが多く、剛毛の私が帽子を取ると髪型が変になっているため、休憩中も帽子は取らないでいると、30代になった私は剛毛が柔らかくなりだし、毎朝の寝癖直しが容易に。

それから数年すると、長時間帽子を被っていても変な髪型にはならない、ようやく休憩中に帽子を取ることが出来ると、上司らかから言われたことが、「そろそろかな」。シンフォートルエハの効果と口コミ評価

何が「そろそろ」なのかが私は分からなかったのですが、髪を洗っていると毛量が少なくなっていることに気付き、そのことを妻に話すと「今頃、何を言っているの?後頭部はずっと前から髪が薄くなっているわよ」、夫婦の会話を聞いていた子供達はクスクス笑っていました。

妻が化粧をする際に使う鏡で自身の後頭部を初めて見てみると、あるはずの髪がスカスカ、それからの私は気持ちがブルーに。

会社の人に相談をしようとも考えましたが、相談をしても無駄、なぜなら、彼らは対処法を間違ったから薄毛もしくは禿げになった。

悪いアドバイスは受けず、ネットで調べると薄毛は遺伝性による要因が影響をしていることが分かったのですが、職場で薄毛もしくは禿げている人はいずれも他人、遺伝とは関係なく職場の生活環境が悪影響を及ぼしていると感じた私は、禿げている上司らとは真逆(タバコは吸わない、暴飲暴食はしない等)のことをするようにすると、薄毛の進行はおさまりました。