統合失調症になってから

私は統合失調症になってから毎日何をするにも億劫で布団から動けずにいました。それが本当に辛くて悔しくて自分の腕を数回噛みました。最初は精神科に受診して統合失調症だと言われた時はショックを受けました。色んな検査をしたらIQが70まで下がっていた事が一番ショックを受けました。

学生時代の成績は良かったのですがそこからグッと下がってしまうのも統合失調症の特徴らしくて、意欲の衰退や色んな要素が揃うと診断されると初めて知りました。それから朝・夕と薬を飲むようになりました。最初の2ヶ月は家事もまともに出来なくて旦那さんに大分負担をかけてしまいました。

当たり前の生活のありがたみを知りました。自分は今までダメな事ばかりしてきてしまったのかと自分を何度も責めました。考え方をきりかえるのは苦手だったので考え方やストレスの発散の仕方を学ぶ為にこういう病気になったんだなと思いました。自分を成長させる為にこうなったんだと思いました。

旦那さんが居なかったら本当に大変だっただろうなと思いました。病院に通って5ヶ月たって今は落ち着いています。薬の副作用も怖かったですが医者の薬は本当に効くんだなと思いました。今は当たり前の生活が幸せです。