「食事制限」から「食事管理」へ!美味しく食べるダイエット♪

「ダイエット」と聞くと、日本人誰しもが想像するのは

体重を減らすための「つらくも厳しい食事制限」!

日々さまざまなダイエット法が生まれていますが、

なるべく早く、そして楽に体重を落としたいという考えだけは、いつになっても変わらないままのような気がします。

そもそも「Diet」という単語の意味は、「健康的な食事をすること。食事方法を見直すこと。」という意味でアメリカから生まれたものです。

肥満大国のアメリカでは日々の食事から命に関わる病気にかかってしまう人も少なくない為、ダイエットという言葉は、健康療法の一環として使われています。

そして、日本人の殆どが使っている「減量」という意味では、ダイエットとは別に「Weight down」という単語があるのです。

ダイエットという言葉自体が、いつしか日本では「体重を落とし、理想のプロポーションになるために行う行為」として意味を変えていってしまったのですね。

ギュギュギュは効果なし?話題の骨盤ガードルを履いた私の口コミ評価!

そして、そんなダイエットの中で最も多くの人が挑戦ひ、恐らく最も多くの脱落者を出している食事制限…これは、痩せたい!という気持ちだけで行うには到底難しい所業です。

ただ、食生活を見直さないと、決して体型を変えること、体重を減らすことができないのも事実です。

食事は生きていく限り永遠に続く生存行為だからこそ、我慢ばかりの「食事制限」ではなく、正しい知識と方法で「食事管理」していくことが大切だと言えます。

この1週間食べたもの、すぐに浮かびますか?

昨日摂取した自分のカロリー、わかりますか?

そもそも自分は、毎日どれだけの食事量が必要で、目標の体重や体型になるには、どのような食生活に変えていくべきなのでしょうか?

ダイエットの方法は、一人ひとり違います。

誰しもに一発で効くような特効薬などないのです。

食事管理の癖ができると、食べてはいけないものなどないうことがわかってきます。

「夜は友達と外食だから、朝と昼は抑えめにしよう」だとか、「さっきお菓子を食べたから、夜は野菜を多めに取ろう」など、食べ過ぎることも我慢し過ぎることもなく、自分の身体にとって適正な食事を取ることが出来てきます。

ダイエットを始めるために、まずは自分の食事管理!

フィットネスクラブの決して安くない月謝の用意や、飲むだけで痩せると言われる決して美味しくないスムージーを手に入れるくらいなら

まず紙とペンだけ用意して、あなたの適正な食事方法を改めて見直してみるのはいかがですか?