ニュース番組を見て思ったこと。

毎日たくさんのニュース番組を見るわけですが…なんでこんなにも同じ話題ばかりのを繰り返し見なくてはならないのでしょうか?

ニュースという他人の物語を見るには起承転結があるからシックリくるのであって、ずーっと起や承ばかり同じもの数日に渡って見ていたくは無いです。いい加減に話を進めてほしいと思うのですが、転がやっと出てきても結の部分が全然放送されないまま終わってしまう事件や事故も沢山あって気になるものはネットで検索したりするわけです。

知らなくてはならない事は一向に放送されず気づいた時には終わっていたり自分が間違いにぶち当たるまで気が付かないのである。身近な所では自転車保険の加入義務化だろう2018年4月1日から開始されるのですが私ほとんど見かけない、いくら4月1日が休みの日だからってそれは酷いのではないだろうか?見かけたとしても「入ってね」程度の情報で何処で入れるのか分からない、ネットの環境がない人や自分で保険会社の保険に入っていない人は調べようがないのです。後は車のあおり運転、免停になる可能性もあるようなのでニュースでもっと強く取り上げてくれたら辞めてくれるのではないでしょうか。

ニュース番組の意味は一体何なんでしょうか?国民の生活に直撃しない話題をダラダラと流さなくて良いので(知らなくてはならないのは分かります知識として)身になる楽しい話題が多いニュースが放映良いですね。

テレビ番組について感じること

毎日が日曜日の気楽な隠居生活のため、楽しみはテレビを観ることです。今まで馬車馬のように働き詰めだったせいか、このような生活になった事が楽しいでしょうと問われればそうですが、実は寂しくもあります。朝食後は一息入れ、そのあと軽く柔軟体操をしますが、その際観るテレビは時代劇です。恨みを晴らす集団が依頼人からの依頼を完璧に人知れず始末してしまうストーリーは毎回お決まりですが、気持ちがすっきりするものです。

しかし、毎日のように人の死んでいく様を観るのも嫌なものです。一日に時代劇はかけ持ちで数本は観てしまいます。若い頃に放映されていたものがほとんどですが、懐かしい俳優さんも出ています。シリーズを何回か通して観ていると、主演俳優さんが次第に老けていく事がはっきりと分ります。

今は他界してしまった人ですが興味深い物があります。昼間は何といってもバラエティを観てしまいます。毎日よく種切れにならないものと感心しますが、よく考えると過去の蒸し返しやちょっとした新事実をもとにおさらい的な事をやっているようです。

また、同じような番組が多く、時間の経過で同じ話題を何回となく観てしまいます。映像も同じものであることが多く、何回も見ることは無駄と思いますがどうしても関心事であれば観てしまうものです。何回も事細かに説明がなされコメンテイターがいろいろとしゃべりますから、いい加減うんざりします。

薔薇の栽培は難しいです。

わが家には何本かの薔薇があります。品種はイングリッシュローズ系のものですが、実は育ちがあまり良くありません。ご近所の薔薇を良く見ますが、素晴らしい成長をしています。さぞかし手入れが良いのだろうと感心しています。

薔薇は日当たりと風通し、肥料が大切と言われていますが、わが家の薔薇は狭い場所でもあり、満足に日光が当たらず、風通しは良いのですが、肥料は少なかったかも知れません。せっかく薔薇園まで遠出して買い付けたものの、普段の手入れを怠ったかもしれません。あまり育ちがよくないのです。

またカイガラムシや虫類が取りついていて駆除に苦労します。薔薇の育て方などをパソコンで検索し、毎月の作業を確認して肥料を上げてはいますが、水やりとか虫の駆除などがいい加減だったようです。薔薇は好きなので一時はミニ薔薇も手がけましたが、どういう訳か全滅してしまいました。

土が悪いのではないかと薔薇用の土を買い、入れ替えてもみたのですが夏の暑さにやられたようです。最近は余り手入れをしていないにも拘わらず、生き残った薔薇は、この陽気で新芽が噴き出し始めています。どうやらあまり手入れをしなくとも、年数の立った薔薇は自分で生きようとしているようです。

車の自動運転やスマホの進化凄いです。

ここ数年IT関係の進化は目覚ましい物が在りますが、この先の何年かが見てみたいです。テレビなど電化製品が世の中に出始めた頃と一緒で、どんどん進化して行き現代にいたるのですが、携帯電話一つとってもアッと言う間に普及して、ガラケーからスマホまで、これから又、スマホから何か想像も付かない物が出て来るのでしょうか、とにかく家電製品については想像を超えた物が次々に出て来ています。

私はもう歳なので何処まで見て居られるのか分かりませんが、それでも見てみたいのです。車も自動運転できっと教習所も無くなってしまうかも知れない。昔は教習所と言って、何て、こんな話しをしている事でしょう。

宇宙のブラックホールの研究が進み、時空の研究でタイムマシーンなどが現れるかも知れません。リニアモーターカーも私の生きている間は開通しないでしょうが、普通にリニアが走っている処も見てみたいです。私は昭和31年に生まれたので、家電製品が出始めた時代です、それから今日まで誰も想像できない物ばかりです。

これらを想像すると、今年生まれた子供達は現在が出発点なので、とても羨ましい限りです。実際何処まで進化して行くのかとても楽しみでも在り20年後を見てみたい。

アレルギー検査の大切さ

昨年11月頃急に鼻炎になり、「とりあえず市販の薬でいいか」と思い、薬を飲み、治そうとしました。

しかし、一向に治る気配がなく、病院で診察してもらいました。

診察してもらうと、「今は寒暖差でアレルギーになる人もいるからね~」と言われ、薬を処方してもらい、辛い鼻炎は治りました。

初めての経験だったので、「病院の先生も言ってたし、自分は寒暖差アレルギーなのかな?」と思いました。

ずっと「アレルギーとは無縁だ!」と思っていたので、私自身凄く驚きました。

しかし、病院で診察してもらった時しっかりとしたアレルギー検査をしていなかったのです。

「病院に行けばアレルギー検査をしてもらえる」と思っていました。

最近急に暖かくなったり寒くなったり、寒暖差が激しい日があります。

すると鼻炎になったりするので、「あ~、あの時ちゃんと検査してもらえば良かったな」と、今になって後悔しています。

スポーツ選手のバラエティ番組出演について思うこと

この間フジテレビの「ワイドナショー」でダウンタウンの松本さんが、オリンピックが終わった後に選手がバラエティに出演してることに関して「俺が言うのもおかしいけど(選手は)バラエティなんかでなくてもいいと思う」と発言していました。

松本さん的には「スポーツ選手は競技している時が一番輝いているから、バラエティ番組などで無理矢理感動ドラマに仕立てる必要はないし、そんな番組を作る局側にも疑問だ」という風なことを言いたかったのではないかと、勝手に解釈しています。

これには僕も半分は同意します。最近は何でもバラエティ化というか、余計な演出が多い気がするから。スポーツは競技をしっかり伝えてくれればいい。ジャニーズやタレントさんはいりません。そんな小手先の視聴率稼ぎをするなら、アナウンサーの実況レベルを上げてほしい。

ただ、選手のバラエティ番組出演については、普段は注目されないマイナー競技の選手にとっては、むしろ良いことではないかと思います。テレビに出演することによって、選手個人の知名度も上がるし、競技にも注目してもらえるから。その点では、選手側にもメリットがあると思います。

無理矢理感動ドラマにしたてようとかする演出はうんざりだけど、「ジャンクスポーツ」みたいな番組で、個人や競技をアピールするぐらいはいいんじゃないかなと、思ったのでありました。

レトロです

半年後に来た駅前の喫茶店は開いていました。転職してから5年通っている会社の事務所があるので何度もその駅から降りています。(事務所は駅から徒歩約5分)店の窓から覗いてみても中はいつも暗く「準備中」の札はないんです。私が気に入った外観、レンガ風壁と街灯が点いていそうな看板です。本当は店でなく集会場か劇場かも思い始めていらぬ空想が膨らみました。でも、その周辺には飲食店がなくて、初めて来た時とても困りました。

ドアを開けて営業中の確認を取って入ってみると数十年前のレトロなレイアウトでした。急いでいたのでランチを注文すると10分掛かると店長さんらしい(間違いない)男性に言われました。ランチってもっと早く出来ないのかと訝しんでいると’70~`80年代のBGMが耳に流れてきました。

しばらく聞いていてふと、何か違うなと思い始めました。同じような年代の歌か6曲(メモリーグラス・もう一つの土曜日・傘がない・帰らざる日々等)流れて止まりました。ん?有線の放送って途中で切れたっけ?と?マークが飛び散りました。

すると店員が奥から出て来て何かを動かすと、再び音楽が流れました。多分店長の趣味の歌入りCDを聞いていたようです。コンビニのBGMにすっかり慣れていた私は勘違いしていたようでした。ランチはとんかつ定食だけですが、500円安いのでまた行きたい!

ETCが壊れた

壊れたというよりカードが入らなくなってしまった。

ある日のことスマートインターチェンジから高速道路に乗って移動しようと思い、念のために出発前にETCカードを車載器に入れたところ、いつものような「カシャッ」っという反応ではなく、「フニャ〜」とした感触でカードが出てきてしまった。なんというのか奥の方にスポンジでも入っているかのような感触なのである。何度やっても状況は変わらない。変わらないどころか悪化してる気さえする。このままではカードが飲み込まれたままになってしまうのではないかという気すらした。怖いのでETCは諦め一般道を移動した。

さてどうしよう…

とりあえずはETC車載器を車から外してきて分解清掃してみることにした。特殊ドラバーを使用してなんとか分解しようと試みたが開かない。挙句には本体が割れてしまった。

もう完全にお釈迦だ。

さてどうしよう…

仕方なしに新しいものに買い換える決心をした。ネットでETC車載器を検索した。初めてつけた頃と比較するとだいぶ価格も手に入れやすいものになってきていた。

しかし、ETC車載器には書類での登録が必要だったことを思い出した。それが面倒臭くなってきた。

よくよく考えてみた。年に何回高速道路に乗るか…?

去年は1回だった。

果たしてETC車載器が必要か?自問自答する。

でもETC車載器がないとスマートインターチェンジから高速に乗ることができない。

また自問自答する。

年に数回高速道路に乗るための出費。さてこれをどう考えるかだ…